シャル マグネチクス 映像

”シャル ジャパン” は ”ジョン ロバート ロイ シャル”が 率いている シャル グループの 公式 日本 チームです。
シャル グループは、SMIと SAC、そしてSGTで 構成される 株式会社として、加えて、全世界的に、様々な 支社を 持っています。
シャル 企業は、2010年から 公式に 発足が 行われ、20世紀から 独自のR&Dを 介して 得られた 技術を 所有しています。
この技術は、エネルギーと 航空宇宙に 関する 革新的な 技術であり、シャル グループは、
これらの シャル 技術を 商業化 段階に 入るために 進行中です。
現在、これらの 商業化の プロジェクトの ために、全世界的に、複数の メンバーと パートナーと そして、投資家が 協力しています。

                                     ”シャル ジャパン”は、これらの シャル 技術を 日本に 広報し、投資家を 募集する ことに 専念している チームです。


シャル グループは、「ジョン・ロイ ロバートシャル」教授と IBMの 研究者が 参加している グループとして、シャルの 技術的な サポートを 受けています。
私たちは、20世紀の シャル グループによって 研究開発されてれていた、新しい形態の 発電機である 「シャル 効果 発電機(Searl Effect Generator)」、
そして 「シャル 宇宙 航行線(Searl Astronautical Vehicle)」という 移動手段を 製作し、商業化する グループです。シャル グループの 本社、
Searl Magnetics Inc(シャル マグネチクス)は この ”SEG”を 製作する上で 最も 重要な 技術である、磁気層に 波形の磁場を 形成させる 特殊な 磁化技術を
担当しています。特殊磁化技術は、シャルの 研究者たちによって、過去の 研究された 研究報告書を もとに、複数の 磁場極を 磁石材料に 覆われる 新しい 技術を 実際に 得ることに
成功して 証明しました。この 特殊な 磁化技術は、SEGの 構想を 介して 導き出したものであり、加えて、希土類合金技術や 渦電流を 通じたローラーの 扶養効果のように、SEGが 持っている 様々な 機能も シャル 研究者たちによって 確認されました。法人企業の シャル マグネチクスの 主な 担当は、これらの SEG技術の 特殊磁化技術を 研究して、再発展させるものであり、
すぐに、SEGの生産と マーケティングを 完全に担当することになる 予定です。また、シャル マグネチクスは 今後,SEGの技術的な 機能実証の ための 証明 – モデルを実証していき、
これを 通じた 結果を もとにして シャル マグネチクスの 枠組みを 広げる 予定であります。シャル グループが 製作している 「シャル 効果 発電機(Searl Effect Generator)」は、
放射エネルギー、そして 周辺の 潜在的な 電子を 利用した 原動機です。これは、他の エネルギーを 私たちが 使用できる エネルギーに 変換させる ことを 意味し、
清潔で非常に 効率的な 発電機としての 潜在的な エネルギーを 引き出す出せる 量子ーコヒーレンスを 基礎とした エネルギー変換 装置です。
SEGは リニア 誘導 モータ技術と 自己 ベアリング技術を 介して リングを中心に ローラーが 回転できるように 設計されており、
潜在的な エネルギーと 常に存在する 周辺の 放射エネルギーを 秩序化されて コヒーレンスされている 有用な 電気的 エネルギーに 転換させることが できる 機能を 持っています。
SEGの 駆動原理は、水の 潜在的な 位置 エネルギーを 介して 発電する 水力発電所の 循環系と 同じです。しかし、SEGは 希土類の 中にある 莫大な量の 電子を 介して 発電をします。
SEGは、電子が 持っている 固有の極性を 利用して 吸収と放出のような 循環システムを 使用しており、また、周辺にある エネルギーを 利用すると ともに、
内在されている 電子の エネルギーを 継続的に 再利用できるように 設計されています。
SEGは、革新的な 循環システムを 持つ エネルギー装置であり、世界中で 唯一に シャル グループのみが 所有している 独自の技術です。
SEGは クリーンで 再生可能な エネルギーを 使用して、家庭用SEGで 大型SEG-電力プラントの ように、様々な サイズで 製作されることが できます。
大きな電力を 供給するためには、大規模なSEGを 製作したり、複数の小型SEGを 連動させる 方法を使用します。SEGは 直流と交流の 両方の供給することができており、
SEGを 中心とした 電力供給設備を 構築するために 土木工事を するか、または 複数の補助設備を 必要としません。このように、SEGは 環境的な 条件を 必要とせず、
時間帯に 関係なく、24時間 365日にわたって 同じ出力で 発電することができていて、一度 SEG設備を 製作すれば、30年〜50年の間、継続的に 使用することができます。
ただし、水力発電所と 同じように、SEG電力設備を 製作する 製作費用だけが 要求されます。
シャル マグネチクスは 特殊磁化技術を 研究して 発展させることと SEGを 生産する 会社として、法的に 認められた 正式な法人会社です。
現在 シャル グループは、時間当たり 15KWを 生産できる 家庭用SEGを 商業化するために、「SEG 商業化 プロジェクト」として プロジェクトを 推進しています。
完全に 機能する プロトタイプ-SEGを 製作して 実証するためには、過去の記録を 参考にして、今後、少なくとも $3million(約3億円)程度が 要求されると予測されています。

  • 熟練され 専門的な人員
  • 関連施設の リースまたは 建築
  • 重機投入および 製作
  • 設備のテスト
  • 設備を 運用する 電力供給
  • 法的 サービス サポート
  • 原料の 購入と配送
  • ライセンスの 取得
私たちは 現在の段階では、これらの 投資ファンドが すぐに 投入される場合、様々な 開発陣を介して、プロトタイプーSEG完成まで 18ヶ月かかる 場合が予定であり、
大量生産 段階まで 3年〜4年程度かかる 予定であります。大量生産のためには 工程を ために ロボットアームが 投入されなければならず、
全世界的に 分布している 支社を 活性化させ、すぐに 販売が 可能できるように 法律的な サポートと 法人化が 行われる 必要性が あります。
これらの 商業化プロジェクトは、現在 必要な 資金が 供給される 時点を 基準にして、プロジェクト完成 期間が 決定される予定です。
プロトタイプが 完成される場合、シャル マグネチクスは リングと ローラーの 相互作用と 駆動を 介して 周辺のエネルギーを 私たちが 使用できる 電気エネルギーに 変換させる
「シャル 効果」が 動作することを示す予定です。最初の プロトタイプーSEGの 試験駆動は 12個の ローラーと 1つの リングで 構成された
SEGセットを 介して 時間当たり 2KW(最小500ワット)程度を 試験する 計画であります。
以降、大量生産を 介して、シャル マグネチクスが 初めて 商業化する SEGは 時間15KWが 供給可能な 3つの リングと 66個の ローラーで 構成された 家庭用SEGであります。
そして、私たちは、これらの 「SEG 商業化 プロジェクト」 以来、SEGを 中心とした 新しい形態の 電気的 移動手段である SAVを 制作する 計画があります。
シャル グループの 日本チームである 「シャル・ジャパン」は、まだ チームの規模 程度に 過ぎません。これから 日本の投資家が 集められる場合、
シャル グループの 他の支店のように 法人が 作られるようになる予定です。
そうなった場合、「シャル マグネチクス 日本支社」として 公式的に 日本支社を 設立する予定であり、その 規模を 拡大させる 計画があります。